白斑

ここでは尋常性白斑について述べます。

病因

尋常性白斑は自己免疫疾患です。自己免疫とは自分で自分の構成組織を攻撃する、意味のない免疫行動のことです。ターゲットによって症状は異なります。尋常性白斑のターゲットはメラニンを産生するメラノサイトです。尚、自己免疫がどのように生じるかはわかっていません。

治療

自己免疫の活動期とその後で治療法は異なります。

活動期(拡大傾向にある時)は、ステロイドホルモンで自己免疫行動の抑制を計ります。投与経路は外用が通常です。

その後は紫外線照射となります。狙いは毛根部に残っている、もしくは周囲のメラノサイトを刺激し、病変部表皮へ遊走させることにあります。当院では全身照射型のnarrow band UVB治療器を用いています。

ページの先頭へ戻る