にきび/最新治療機

にきび治療のシナリオ

STEP1

視診、問診により症状を把握。
にきびダニ性やホルモン異常性の可能性があるようならチェック。

STEP2

病態、増悪因子の説明。

STEP3

症状に合わせた治療。

  1. 抗生剤内服投与の必要性がある患者さんには投与
  2. 女性ホルモン代謝産物、漢方薬、ビタミンの内服
  3. 抗生剤、硫黄、アルコールローションの外用
  4. 面皰圧出
  5. 洗顔剤について
  6. スムース・ビーム Smoothbeam(後述)

STEP4

症状の変化に合わせて、上記外の治療も加味しながら治療を進行。

スムース・ビーム Smoothbeam

スムース・ビーム Smoothbeam

レーザー光線による治療機です。アメリカCANDELA社製で、名前はSmoothbeam。理論的には、真皮上層に選択的に高い熱エネルギーを集中させ、皮脂腺を破壊し、また細菌も壊します。アメリカの厚生省的組織であるFDAが、にきびへの効用を公認した初めての装置です。

この装置は、本当に効果のある治療機を探していた時に見い出した物で、アメリカでは昨年5月の発売以来、数百台が販売されていますが、日本では、わたくしがCANDELA社日本法人に購入の意志を示した12月時点で、全国で未だ3台の導入実績と、正に最新鋭の装置です(平成17年9月現在で20台未満)。日本では形成外科において、全額自費診療として施行されることが多くなると思いますが、当院では、あくまでも薬物療法との併用を考えておりますので、この治療を行うことで、特別な料金は発生しません。

この装置の最大の利点は、治療後のアフターケアーが不要な点です。当院でもケミカルピーリングの導入を検討したことがありますが、本当に有効な濃度で施行した場合、想像以上に過激な手技になる点および遮光等の色素沈着予防が必要で、その時に用いる外用剤がかなり高価になることより断念しています。

ページの先頭へ戻る